激務な社会人でも実践できる、TOEICの勉強法を大公開!

TOEIC 勉強法 社会人

TOEICは、国内でも人気上位の資格試験です。
個人の英語力を把握する為にも使用されており、社会人の受験者も多いです。
就職や転職、昇進試験等でもTOEICが必要なことがあります。

TOEICですが、勉強をすれば点数を伸ばせる試験です。
とはいえ、その為には正しい方法で勉強をすることが大事です。
特に社会人の場合、仕事がありますから尚更です。

当記事では、社会人向けにTOEICの勉強法をご紹介していきます。
激務な方でも取り組める方法ですので、参考にして頂ければ幸いです。

1.TOEICを勉強する上で重要なこと

受験勉強でもそうですが、TOEICを勉強する上でもポイントがあります。
ガムシャラに勉強することは否定しないですが、ポイントを意識した方が良いです。
その方が学習効率が良いので、早く結果が出やすいです。
具体的に挙げると、、、

1.毎日TOEICの勉強機会を作る
2.TOEICに特化した勉強をする
3.目標スコアや英語力に合わせる
という3点が、重要だと思います。
具体的にそれぞれについて、何故重要なのかをお伝えしていきます。

1-1.毎日TOEICの勉強機会を作る

まず、毎日TOEICの勉強機会を作ることです。

TOEICに限りませんが、基本的に成績は勉強時間に乗じて伸びていきます。
受験勉強でも、現役生が浪人生に本番直前に一気に追いついてくるのと同じです。

TOEICの場合も、勉強時間に応じてスコアが伸びていきます。
現に、目標スコアに応じた勉強時間の目安なんかのデータもあります。
転載するのはアレなので載せていませんが、興味がある方は検索してみて下さい。

社会人向けに補足しておくと、時間は問わないです。
残業等で忙しい日の場合、短い時間でも問題ないです。

1-2.TOEICに特化した勉強をする

次に、TOEICに特化した勉強をすることです。

ご存知かもしれませんが、TOEICは毎回同じプロセスで問題が作られています。
問題についても、毎回出題パターンが決まっています。
そして、TOEIC頻出の英単語や英文法があります。

専門書以外で勉強すると、出題されない英文法なども覚えることになります。
効率が悪いので、TOEICに特化した勉強をする方が良いです。

1-3.目標スコアや英語力に合わせる

そして、目標スコアや英語力に合わせることも大事です。

この記事を読まれている方も、英語力はバラバラですよね。
目標としている点数も違いますから、勉強するべき内容も違います。

例えば、800点以上を目指す場合には、覚えるべき英単語も難しいです。
初心者の場合、確実に挫折するレベルです。
逆に高得点者が易しい内容に取り組むのも無駄です。

2.忙しい社会人に適したTOEICの勉強法とは

次に、本題の勉強方法です。

先に挙げた3つを満たせていれば、基本的に問題はないです。
ただ、社会人の場合には難しい面があると思います。
特に学習時間を作るというのは、現実的に難しい方が多いかと思います。

そこでオススメしたいのが、TOEIC対策用のアプリです。
ただ、中には使えないアプリもありますので注意が必要です。

個人的に推奨しているのが、スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースです。
リクルート系列がやっている、オンラインサービスです。
最近はCMも放送していますが、ご存知ない方は上記の動画を参考にして下さい。

このコースが、非常に優秀です。
何故良いのか、その理由や魅力を順番にお伝えしていきます。

2-1勉強機会を確保しやすい

まず、勉強機会を確保しやすいという点が挙げられます。

スタディサプリENGLISHですが、オンラインサービスです。
公式アプリも用意されており、スマホやパソコンで勉強が可能です。
限られた時間の中でも利用できるように、各種コンテンツが工夫されています。

ですので、通勤電車の移動時間などをTOEICの勉強機会に充てられます。
これならば、激務な社会人の方でも大丈夫ですよね。

2-2.TOEIC対策が完結できる

また、TOEIC対策が完結されているのも大きいです。

本サービスでは、TOEIC攻略に必要な全てのコンテンツが用意されています。
単語や文法は勿論ですが、リスニングや問題集も豊富です。
英単語の本や文法書などを、買い揃える必要がないです。

問題の質についても、公式問題集の関係者が厳選しています。
なので、良質な問題が用意されているので安心です。

2-3.自分のレベル、目標に合った勉強が可能

そして、自分のレベルや目標に合った勉強が出来るのも魅力です。

例えば、英単語においても目標スコア別に学習が可能です。
各パート別に攻略の動画もありますし、文法にもプロ講師の講義動画があります。
講義の担当者も、現行TOEICにおいて満点獲得者なので申し分ないです。